07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
『コドモがいるように見えないね』と言われたい兼業主婦♪       日々精進! “頑張る”を主張してマス。
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on 13:01:23
 『号泣する準備はできていた』

「少しでも前進しよう、たとえいつか号泣するとわかっていても」 

私はたぶん泣きだすべきだったのだ。
身も心もみちたりていた恋が終わり、
淋しさのあまりねじ切れてしまいそうだったのだから??。

濃密な恋がそこなわれていく悲しみを描く表題作のほか、
17歳のほろ苦い初デートの思い出を綴った
「じゃこじゃこのビスケット」など全12篇。

号泣するほどの悲しみが不意におとずれても、
きっと大丈夫、切り抜けられる…。
そう囁いてくれる直木賞受賞短篇集。

(楽天ブックス データベースより)




 『ぬるい眠り』

半年間同棲していた耕介と別れても、雛子は冷静でいられるはずだった。
だが、高校生のトオルとつきあっていても、
耕介への想いはじわじわと膨らんでゆく。
雛子は、大学四年の夏、かけがえのない恋を葬った(表題作)。

新聞の死亡欄を見て、見知らぬ人の葬式に参列する、
風変わりな夫妻を描く佳編、『きらきらひかる』の十年後を綴る好編など全九編。

著者の魅力を凝縮した贅沢なオリジナル短編集。


(楽天ブックス データベースより)




+ + + + +



友人が『江國香織が好き』って言ってたので、
図書館で本を物色した際に短編集を借りてみました。

サスペンス・サイコ・推理などなど。
日常生活からはかけ離れた設定の本ばかり読んでいるアタシには、
新鮮なジャンルの本でした。

ただ、物足りない。

そりゃそうだ。
人は死なないし、謎もないし、警察も探偵も出てこないので(笑)

ただ、短編ばかりだけど、人の心の裏っていうか、普通は見せない部分とか、
そういう俗に言う腹黒い感情とかが爽やかに書いてある印象。

“あぁ、こういう心境って誰にもあるんだな”って思わせてくれる。
ひどく失恋したときとか、そういうときにピッタリな気がする。

失恋はおろか、恋愛自体しませんけどね(笑)


長編はまだ読んだ事がないので、読んでみたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jojowacoco.blog94.fc2.com/tb.php/325-3b310e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 頑張るマス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。