07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
『コドモがいるように見えないね』と言われたい兼業主婦♪       日々精進! “頑張る”を主張してマス。
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し凹んでます…。 
Posted on 15:44:49
こんにちは。JOWACOです。

昨日の夜、友人から思わぬ哀しい知らせを受けました。


彼女と共通の友人で高校の同級生が亡くなりました。

彼の死を受け、イロイロ考えたこと…

アタシが考え直した生死のことを、
忘れてしまわないように。

そして、いつでも彼を思い出せるように、
書きとめておこうと思い、PCを開いています。


いつも通りの調子ではないので、
見たくないなって方も居るかも知れないので、
続きに書きます。
彼は、ガンで亡くなったようでした。

実は先週お通夜も葬儀も終わっています。


決して顔見知り程度の付き合いだったわけではないのに、
卒業してもうすぐ10年。
それぞれ別々の道を歩き、疎遠になっていたのは事実でした。

同級生で、仲の良かった友達の大半は、まだこの事を知らないんです。

今、友人と手分けして少しずつみんなの連絡先を集めているところです。


彼は色が白くて、ちょっと猫背で、
いつも笑顔を絶やさないヤツでした。

又聞きですが、20歳のころにはすでに発症。
けれど、手術が成功し、元気に仕事もしていました。

美容師をしていて、よく街でばったり会っては、
近況を報告しあい、笑って別れていました。

3年ほど前に再発し、闘病の末亡くなったようです。



最期に会えなかったこと。
何もできないけれど、何もしてあげられなかったこと。
まだ27歳なのに、ガンで逝ってしまったこと。

とても悔やしくて…。

けれど、あまりの若さと、仲の良かった友人だということで、
なかなか受け入れられないんですよね。





いつも歳の近い人が亡くなると、とてもやるせなくなります。

不謹慎ですが、歳老いて亡くなるのには、
自分の中で納得がいくんですが、
若いだけにやるせなくなる…。


けれど、彼はどうだったんだろうか?と考えました。

20歳で発症して、手術は成功したものの、7年間。
“死”を意識してなかったなんてことは、
ないんじゃないかと思うんです。

死を意識してもなお、自暴自棄にならず、
美容師を続けていた…。

そうであったなら、精神的にも肉体的にも、
とても辛かったと思います。

彼はニコニコ笑顔の下に、想像できないほどの強い心を、
持っていたんだなぁと思います。


再発して数年…。
治療もかなりきつかったようです。

けれど、最後の最後まで頑張ったんだろうと、
想像に難くないんです。

神様が、楽にしてくれたんだろうな…と思います。


昨日、7歳の女の子が、刺されて亡くなりました。

それだけじゃない、親が子どもを殺したり、
自殺者は毎年増加してる…。

どうして命を大切に出来ないんでしょうか?

希望に満ち、病気を治そうと必死で頑張って、
それでも足りなくて、誰の手でもどうしようもなく、
それでも懸命に生きようとしていた友人。

彼は命をとても大事にしていたし、
そして、天寿を全うした。

けれど、そんな当たり前のことをしない人が多いのに、
彼の死を通して、改めて哀しくなりました。


生きてるあたしは何ができる?と自問したりもしました。

今を一生懸命生きてるのか?と。

“死にたい”とか“つまらない”とかはこれっぽっちも思ってないです。

子育て・仕事・家事で忙しくしていて、それなりに満足です。

けれど、「明日死んでも悔いはないか?」と聞かれれば即答できない。

現状を維持するのに必死なふりして、
なんとなく毎日を過ごしてる気がしてるんですね。

漠然と、だけど、何かしなきゃ!と思ってて、
けれど、何を?とも思ってる…。

もっと自分を良く見ないと…なんてガラにもなく考えたりして。




彼の死はほんとに残念で、哀しいことには違いありません。

けれど、彼の死によって考えさせられたこと…。

それはとても尊く、忘れてはならないことだと思いました。

彼が生きていた27年間の事実とともに、
忘れてはならないんですね、きっと。





お~い。H。見てるかい?

頑張ったんだね。

もう、きつい思いはしなくていいんだよ。
ゆっくり休んでよ!

明日か…もっと先の50年後か。
いつかアタシがそっちに逝ったときは、
また高校時代に戻った気持ちで、
笑って会おうなぁ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
んむ。。。
どうもこの手の話は苦手というか…涙腺が。。。^^;

久しぶりになんか、いままでのこと、生死について考えさせていただきました。

ちょっと長々私の考えを書こうかな?っと思いましたが・・・まとまらなかったのと、なんか不謹慎な発言をしそうだったので控えさせていただきますね^^;

素敵な記事ありがとうございました<(_ _)>

応援、応援♪
2007/10/17(水) 19:50:29
URL | のしかわ #-[ 編集 ]
命の大切さ
27才の友の死
身内や友の死を受け入れるまでは時間が掛かりますよね。彼は発病してから7年、どんなに辛く大変だったでしょうね。常に生と死を見つめて頑張ってきたとおもいます。
JOWACOさんの言うように 
今 命の大切さを考えない人が多すぎます。

前に 核家族などが増えて 家族などの死と直面した事がないため 家族を失った深い悲しみや 寂しさなどを経験したことがないからだと 聞いたことがあります

今年6月 私も近所の友達を病気で突然亡くしました
まだ 彼女が居るような感じです
でも もう会えないのよね
2007/10/18(木) 13:02:34
URL | りんごママ #-[ 編集 ]
=お返事=
☆のしかわさん☆

ありがとうございます。
アタシの記事自体、まとまりがなくって、
思ったこと書き連ねたカンジになってますけど…。

身近な死が、自分の生について・命の尊さについて、
考えさせるなんて皮肉ですよね。

亡くなるまで知らなかった事実でしたが、
知ってても何かできたか…と、今でもフッと思います。

☆りんごママさん☆

彼が生きてた間は、取り立てて
“会いたい”と思う事はなかったのに、
居なくなって初めて会いたいなぁ…と、
思ったりしてる自分が歯がゆいです。

ほんと、またバッタリ街で会いそうな感じもしてます。
2007/10/19(金) 13:07:45
URL | JOWACO #ZKEs3CJw[ 編集 ]
私が20代の頃、大切な友人を亡くしました。
亡くなるちょっと前、私がお見舞いに行った時も
彼女はいつものように笑ってました。
頭に包帯を巻いたまま。

今月は叔父が事故で亡くなりました。
本当に突然のことでした。

普段はあまり気にも留めず暮らしていますが
自分の身近なところで一つのかけがえのない命が
失われると、改めて命の尊さを考えますね。

お友達のご冥福を心よりお祈りしてます。
2007/10/22(月) 11:32:19
URL | ひだまり #R3CJqLDg[ 編集 ]
=お返事=
☆ひだまりさん☆
ほんと、そうですよね。
誰かが居なくなって考える…。

命の重さは皆平等で、尊い。
忘れずに生きていきたいし、
何よりコドモタチに教えてあげられたらいいですね。

ありがとうございますm(_ _)m
2007/10/22(月) 16:02:18
URL | JOWACO #ZKEs3CJw[ 編集 ]
涙・・・。
ほんとにほんとに突然のことで、もういないなんて創造もつかない。
一人でいるとやっぱりふと泣きたくなるね・・。

会いたいときに会えないって、こんなにも
悲しくてさびしいもんだったんだね。

ほんと自分がちっぽけに思えます。

彼のお母さんに、「最後までがんばったからね。」って、言われたときはダムが壊れたみたいに
涙があふれてきた。すごくやりきれない気持ちでいっぱいになった。もう、なんにもしてあげられない。って。


いつまでも悲しんでても、
彼は戻ってこない。だから、大切な大切な宝物にして、
彼のことを忘れないように毎日を大切に生きたい。

2007/10/22(月) 21:01:58
URL | ふみよ #-[ 編集 ]
=お返事=
☆ふみよ☆

なんかね…。
思うことはイロイロあるし…。
ココに書ききれないほどたくさん、ね。

でもあなたはとりあえず、自分の体を大事にして下さいよ。
そうじゃなきゃ、あいつも悔やまれると思うよ。

あいつにとっても、あなたは大切な友達だったはずだから…。
2007/10/23(火) 00:03:35
URL | JOWACO #ZKEs3CJw[ 編集 ]
辛いね。
身近な人の死は辛いね。その友達よく頑張ったね。
「死」を意識してもなお、自暴自棄にならず美容師を続けてた...ほんと精神的にも肉体的に辛かっただろうね。

私は、なぜか「死」に直面する事が多くてね。

小1の時は、祖父が亡くなって、

高2の時は、同級生の男友達が白血病で亡くなって、

5年半前は、私のお母さんが突然死で亡くなって、

翌年は、親戚のおじさんが脳梗塞で亡くなって、

そのまた翌年は、親戚のおばあちゃんが老衰死でなくなって....

と、身近な人の死を見て来ました。
そんな事もあり、色々考えるようにはなったけど、
行動が伴わないのが現実で...。


命の尊さ、子供達にも伝えていきたいね。

お友達のご冥福心よりお祈りいたします。

2007/10/24(水) 14:04:09
URL | 福美 #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jojowacoco.blog94.fc2.com/tb.php/133-8c684009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 頑張るマス all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。